あなたは簡単インストール、それとも通常インストール?用途で選んでみよう

2015年6月23日

WordPressを簡単インストールと通常インストールする方法

 

さくらインターネットの簡単インストール機能を使おう

レンタルサーバー会社には「WordPress」の簡単インストール機能がついています。WordPressに慣れていない方はこちらを利用することをオススメします。

今回は、さくらインターネットの例にご紹介します。

 

データベースを作成する

 

さくらインターネットの管理画面にアクセスして、「データベースの設定」をクリック

データベースの新規作成をクリック

データベース名 アカウント名_test  任意のデータベース名を入力して、データベースを作成します。

 

簡易インストール機能を使う

 

前回「ドメインとサーバーの紐づけ設定方法」で設定したドメインにWordPressをインストールしていきます。

運用に便利なツール – クイックインストール を選択して、「ブログ」を選択

 

さくらインターネットサーバコントロールパネル

 

さくらインターネットサーバコントロールパネル (1)

 

インストール先 http:// 初期ドメイン名 / test /

※test は任意のフォルダ名を記入してください。

データベース さきほどの設定したデーターベース名

データベースパスワード さきほど完了画面で表示されたパスワード名

※忘れてしまった方は再度パスワードを設定してください

 

テーブルの接頭語を入力してください 任意の名前もしくはそのままインストールが完了すると 「アプリケーションの設定へ進む」を選択

 

さくらインターネットサーバコントロールパネル (3)

 

WordPressの設定

 

ここまでで指定のフォルダにWordPressをインストールすることができました。

この状態はまだWordPressがダウンロードされただけなので、データベースとの紐付けがされていません。

 

WordPress_›_インストール

 

上記の画面に進んだら、

 

URL http:// 指定のドメイン名 /wp-admin/install.php

 

に変更して再度読み込みをしてください。

 

あとは指定の項目を入力すると、WordPressの設定完了です。

 

おつかれさまでした!

Pocket

この記事に関する記事一覧