風俗サイトでSPIKE(クレジット)を導入する方法

2015年7月9日

風俗サイトでSPIKEを導入する方法

風俗サイトもクレジット対応可能な店舗も増えてきました。今回はSPIKEというクレジット代行会社を利用して風俗サイトにもクレジット対応する方法をご紹介します。

 

注意

詳しく調査したところ、性的なサービスを扱うことを、SPIKEでは禁止されています。

 

性的サービスを扱う店舗(風俗) … NG

マッサージ・サロン系店舗(性的サービスなし) … 審査が厳しい

 

サービスによって、審査具合がかわりますので、詳しくは SPIKE へお問い合わせください

 

その他クレジット代行会社の利用について

 

SPIKEのサービス特徴

 

決済手数料無料

SPIKEは、クレジット代行業者として初の「決済手数料無料」となっております。対応クレジットは、VISA、MasterCard、JCB、AMEX と主要クレジットカード会社と提携しています。またフリープランでは月額売り上げ上限が100万までと設定されていますが、それ以上の場合はビジネスプランで対応可能です。

 

簡単実装

導入も簡単でとても簡単で、商品登録したら、リンクを自社サイトに追加するだけで利用可能です。

商品を作成したら、リンクをコピーする

 

SPIKE 風俗

 

リンクを自社サイトに追加すれば、すぐに利用可能!

 

風俗 SPIKE

 

プラン

フリープラン

  • 初期費用:無料
  • 月額費用:無料
  • クレジットカード:VISA、MasterCard
  • 決済手数料:無料 ※月100万超えた場合、4.0%+30/件

 

ビジネスプラン

  • 初期費用:無料
  • 月額費用:3000円
  • クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners
  • 決済手数料:2.55% + 10円/件 ※JCB/AMEX/Diners 3.4%+30円

 

初期費用・解約金

なし

 

必要端末

なし

 

導入方法

 

会員登録

SPIKEの公式HPから会員登録。メールアドレス と facebook の2パターンから会員登録が可能です。

 

風俗 SPIKE

 

商品作成

会員登録したら、商品登録ページから商品を作成。

 

風俗 SPIKE

 

商品コードを自社HPに貼る

作成したら、商品コードリンクをコピペして、自社サイトに貼り付けます。

 

風俗 SPIKE

 

まとめ

SPIKEは、2013年に登場して、クレジット代行会社としては後発組ですが、決済手数料無料や電子マネー、SPIKEマーケットなどサービスが次々と登場しています。

ビジネスプランでは、APIの仕組みの自由度が高く、商品ボタンのUI変更や、フリープランでは実装できない機能が充実しています。ただ事前に加入審査があったり、決済が9000円 / 3ヶ月 だったり、あらかじめ注意が必要なところがあります。

風俗サイトでSPIKEを利用する場合、事前に商品テンプレートをつくっておくとよいかもしれません。

例えば、2万プランやキャンペーンプランなどあらかじめ商品をつくっておき、予約フォームで来られた方のみご案内する形がよいでしょう。

Pocket

この記事に関する記事一覧