風俗サイトでZopimを使ってチャットを導入する方法

2015年7月12日

今や風俗サイトの予約はチャットが主流に?!

 

LINEをはじめ、近年チャットツールが急激に普及してきています。特に小規模サイトはメール機能を廃止して、チャットツールを導入している会社も多くあります。

風俗サイトもチャットツールを利用している店舗も増えてきた印象です。

ここではチャットツールでおすすめのZopim(ゾピム)をご紹介します。

実は当運営ブログでも利用させていただいており、とても重宝させていただいています。当社は、風俗関連のプラグインやテーマを販売させていただおり、そちらのお問い合わせが8割がチャット経由からです。

以前はメールのみでしたが、チャット機能をつけたおかげで問い合わせの数は劇的に増えました。

 

ユーザとの接点が増える

店舗にキャストの予約確認や問い合わせしようと思っても、メールは少しハードルが高いです。電話が苦手な人も多いんじゃないでしょうか。

チャットなら匿名で問い合わせができますし、文字を打つだけでレスポンスが返ってくるので、ユーザとしてもハードルが低いのです。

 

人員削減が可能

風俗サイトはサービス性質上、予約は必ず電話で確認をとります。ただその前の段階の希望のキャストの確認の電話が多いのです。多い店舗だと5人くらいは電話対応しているスタッフがいるくらい忙しいのです。

そこでチャットを使うと、複数人の問い合わせをチャットでさばくことができ、有効的に利用できるのです。

 

随時オンラインにしておかなくても大丈夫

チャットというと、パソコンを起動しておいて側にいなくてはいけない印象がありますが、それも大丈夫です。

オフライン中にユーザから連絡があった場合、通常どおりメッセージを送ることができ、その内容が指定のメールアドレスに送られます。
その際にユーザはメールアドレスや電話番号を入力しておけるので、時間を気にしなくてもよいです。

 

手軽に実装ができる

チャット機能というと、導入に大変なイメージがありますが、10分もあれば簡単に実装できます。

zopimでアカウントを作成すると、コードが発行されます。Googleアナリティクスを使っている方なら、ご存知かと思いますが、指定のコードを自分のサイトに貼り付けるだけでOKです。

 

まとめ

いかがでしょうか。zopimは豊富な機能も持っていて、これが無料で利用できます。

まずは自社サイトに貼ってみていろいろ試してみてください。ぜひご活用ください!

チャットでオンライン接客ならZopim(ゾピム)

Pocket

この記事に関する記事一覧