ホームページで性病検査の認定書を掲載する方法

2015年10月8日

デリヘルなどの風俗店舗で性病検査を選ぶポイント

ここ最近わざわざ病院に検査にいかなくても自宅で検査キットを確認できるモノが増えてきました。 風俗業界も性病検査キットがあり、多くの会社が参入しています。

性病の検査をしっかりやっているかどうかをホームページなどに掲載するお店を多くなってきています。お客だけでなくキャストを守るという面からも店舗側で性病検査を定期うけることはコンプライアンスにもつながります。

ただ性病といってもいろいろ種類があるので、主要の性病を検査する方法 や どのサービスがよいかをまとめてみました。

 

主要の性病検査を受ける

性病を発症箇所は、女性であれば、ちつ、のど、口。 男性であれば、性器、のど、口といわれています。

それぞれに発症する病名は、クラミジア、淋病です。

のど、口: クラミジア、淋病
性器: クラミジア、淋病、カンジダ、トリコモナス

ここ最近はのどのクラミジアや淋病が主な発症場所となっています。こちらを受けるためには、のど検査 と 尿検査やちつ検査をすれば、大方の症状を確認することができます。

 

手軽に検査できる性病検査キットが主流

いろいろ考慮されており、性病検査キットをネットで購入して、自宅以外の郵便局やヤマトの窓口で受け取ることができるようになっています。これであれば、実家暮らしの方や同居人の方にバレずに性病を検査することができます。もちろん、店舗側で購入してそのまま渡すことができます。

検査も簡単で、のどの粘膜をとったり、尿をとるだけでOKも主流となっています。

検査結果もネットでみることができますし、店舗側は一括でキャストの検査結果を確認することができます。

 

認定書をホームページに掲載する

さくら研究所では、団体向けのサービスとして、検査完了後、「定期検査済証」を発行してもらえます。 店舗で掲載できる額縁もありますし、ホームページで掲載することができる証明書も発行することも可能です。

デリヘル 性病検査キット

 

定期的に検査を受ける場合

さくら研究所では、団体割引を行っており、こちらで発注しなくても定期的に検査キットを郵送してくれるサービスがあります。風俗店舗の場合、定期的に受けることが当たり前なので、申し込みをしておけば、自動で発送してくれるのは便利ですよね。

また検査をうける人数によっても割引料金がかわるみたいなので、実際に問い合わせてみてください。当ブログを見たといってもらうと、スムーズに進むかと思います。

http://www.skr-labo.net/dantai.html

 

病院と連携している性病検査キットを選ぶ

もし検査キットでクラミジアなど発症が確認出来た場合、提携している病院がある便利です。他の検査キットサービスでも提携している病院がいくつかあるので自分にあったサービスを探してみてください。

個別に病院を探すなら、こちらが便利そうです。

即日で東京で性病検査キット・病院をみつける

 

Pocket

この記事に関する記事一覧