ホームページ事前準備

【徹底比較】風俗ホームページ制作を安心して依頼できる会社【2選+α:クオリティ重視】

風俗のホームページ制作会社を探しています。無料で制作してくれるという会社もありますが本当ですか?


無料だと怪しくみえたり、なにか裏があるのではないか、、と思う人も少なからずいるはず。

結論からいうと、無料ではありません、具体的には「制作費が¥0」「月額費用が発生」これがカラクリです。

特徴としては、導入が早い、知識がなくてもお任せできる、初期コストが安くなる、というメリットがあります。

が一方、パッケージ化されているために後からデザインの回収や追加ができないというのがデメリットだったりします。


要するに、契約してしまうと後から変えづらい、ということです。

この記事を書いている人

普段はWEB制作会社を経営しており、ワードプレステーマ「attendthemes」の制作者です。およそ100店舗の制作に携わってきました。

今回は制作会社を運営している経験談をベースに、ホームページ制作において失敗しない会社の選び方をご紹介します。


風俗ホームページ制作会社の比較表

料金表は以下です。

  月額費用 初期費用 初期費用合計 内訳 おすすめ度
VOTEC ¥17600 ¥44000 ¥93200 ・ロゴ 22000+5500
・スライドバナー3枚 26400
・ページ背景 16500
・料金ページ 7700
ホームページ制作屋さん ¥8000 ¥0 ・ロゴ 無料
・スライドバナー 無料
・ページ背景 無料
・料金ページ 不明
CHANG PONG ¥20000 ¥0 ¥5000 ・ロゴ作成 5000
・スライドバナー 不可
・ページ背景 不可
・料金ページ 不可
EXUS ¥20000 ¥0 ¥132000 ・ロゴ 33000
・スライドバナー 33000
・ページ背景 33000
・料金ページ 33000
MAGNUM ¥7000 ¥0 ¥16000 ・ロゴ 3000
・バナー 3000*3
・ページ背景 2000
・料金ページ 2000
ADVANCE ¥9800 ¥0 ・ロゴ作成 不可
・メルマガ 不可
・スライドバナー 2枚=¥0
・ページ背景 不可
・料金ページ 不可

一般的なデリヘル店を想定して、算出しました。


表でみると、一目瞭然ですが、初期費用は0円ではありません。

ロゴ制作、スライドバナー制作、料金ページの画像制作、このあたりはホームページ制作で必須です。

結局のところ、初期費用は10万をみておくのが無難です。

なお、上記対応が不明な制作会社は評価を下げました。


制作会社の特徴

  • テンプレートが決まっている
  • 独自のCMSが用意されている
  • 持ち出しができない

このあたりは制作会社選びで大切な部分ですので、もう少し深堀してご説明します。


テンプレートが決まっている


実は、無料にできる理由が「テンプレートがすでに用意されている」からだったりします。


以下の感じで、各社がテンプレートを用意しています。

エクサス」の画面キャプチャー

より理解するためには「制作の流れについて」も把握しておきましょう。


制作の流れ

  • ベースのテンプレートを選ぶ
  • ロゴやバナーの要望をもらう
  • すでに用意してある素材から制作
  • テンプレに当て込み、納品

要するに、デザインをテンプレ化することで、作業のコストを極限まで下げている、ということです。

思い出してみると、風俗のホームページって、ほとんど似たようなデザインですよね。違うのは「店舗名」「配色」くらいだったりします。

※追加費用がかかる可能性がある

会社によってはバナーやデザインの制作は別というところもあります。月額費用が安いところはオプションで回収しているケースも多いのでご注意を。


独自のCMSがある

風俗のホームページには「店舗側の更新作業が必須」だったりします。


具体的には、

・キャスト登録/更新
・出勤表の登録
・キャンペーン更新

上記の内容を、管理画面で更新していきます。


「デリヘル店のホームページ制作屋さん」を例にみていきます。


ログイン画面は以下です。


キャストの登録画面です。

こちらでプロフィール情報を入力していきます。


出勤表はこちらです。

日付だけでなく、テキストの入力もできたりします。


持ち出しができない

思うに「ホームページは資産」です。


例えば、こんなものが資産になります。

・ドメイン
・サイトのデザイン
・キャスト情報

制作会社には、作ったコンテンツは持ち出し不可、というルールがあります。

この状態は、マンションのように間借りしているようなのものなので、自分の資産にはなりません。

なので、自社でホームページを作りたい、もしくは、制作会社を変えたい、この時に上記の情報を持ち出すことができなかったりします。

※割と注意なのが、ロゴや画像です。契約では、制作会社の所有物となっているため、解約する場合は、あたらにロゴ制作が必要だったりします。


事前にチェックしておくべきこと

失敗しないように、契約するまえにチェックしておきたいことがあります。


以下にまとめました、

  1. デモで何ができるかチェック
  2. 使いたいデザインがあるか
  3. サイトのカスタマイズはできるか
  4. 契約期間や解約の縛りはあるか
  5. バナー制作は別途料金が必要か
  6. 独自ドメインは設定できるか

上記は必ず将来気になる部分なので、あらかじめできること、できないことを把握しておきましょう。

把握しておけばあとから後悔することもなくなるので、少し聞きづらい部分ですが、思い切って聞いておきましょう。

このチェックシートをそのまま使ってもOKです。


番外編:制作会社に依頼するのもアリ

というのも、費用的にはこちらの方が安い、からです。


一般的な制作費は、20万、いわれてます。


試しに、比較してみると、

月額2万の場合

2万 * 12ヶ月 = 24万

要するに、10ヶ月以上運用すると、制作会社に依頼したほうが安い(+4万安い)、という結果になります。


ちなみに、制作会社に依頼すると、

・制作費は20万円
・サーバー&ドメインは各自購入
・多少HTMLの知識は必要

最初は面倒に思うかもしれませんが、作ってしまえばあとはほったらかしです。レンタルサーバーを使えば月額は1000円くらいなので、コストとしても安く抑えられます。

実際にどうやって依頼するか。実際利用されている依頼方法をまとめましたので、参考ください。

>> 格安!!風俗ホームページ制作を依頼するなら「クラウドソーシング」を使いましょう【テンプレも用意】


デリヘル専門テーマ Classy(クラッシー)

Classyは、ファイルをインストールするだけでカンタンに利用できるデザインテンプレートです。

柔軟性の高いデザイン設定、写メ日記から即姫機能まで、デリヘルサイトとしてご利用いただけるように設計されています。

初めての方でも安心してご購入いただけるサポート付きです。