WordPress

料金表 / システムページを作る方法

はじめに

今回は簡単にシステムページを作る方法について解説していきます。

料金表などを作る場合、画像を用意するか、もしくはtableタグで作成する方法があります。

今回はどちらも使わずに実装する方法についてご紹介します。

できること

料金タイプや金額を表示することができます。

 

demo2_nigata_co_system_

実装方法

プラグインを使います。

WP管理画面からプラグイン > プラグイン検索

Easy Pricing Tables と入力してください

プラグインを追加_‹_demo2_—_WordPress

Easy Pricing Tables Lite by Fatcat Apps を選択してプラグインをインストール。

インストールが完了すると、サイドバーに「Pricing Tables」という項目が追加されます。

Edit_Pricing_Table_‹_demo2_—_WordPress

配色などを変更したい場合はDesginタブを選択して変更することも可能です。

表示する

先ほど作成したショートコードをコピペ。

Pricing_Tables_‹_demo2_—_WordPress

表示したい固定ページもしくは、投稿ページを選択してください。

コピペしたショートコードを貼付ければ完了。

どうしたか? CSSなど苦手な人などはぜひご利用ください。

出勤管理プラグイン AttendManager

WordPress専用プラグイン「attendmanager」を開発しました。ショートコードでどのページにも実装可能な出勤管理プラグインです。

柔軟性の高いデザイン設定、固定ページから、各キャストページでご利用いただけるよう設計されています

-WordPress

© 2020 AttendThemes