サイト運営

webデザイナーはどこまでプログラミングができるべきか。

フリーランスなら結論プログラミングは必須

みなさん、GWもバリバリ仕事していますか?

連休中に新しいことを学んで仕事を幅を増やそうと思ってますか?

 

webデザイナー特にフリーランスで生計を立ている人は必ずいっていいほどプログラミングという言葉に悩まされます。
プログラミングの本を購入してみたものの、読み終わる前に断念して本を閉じてしまった方も多いかもしれません。

 

クライアントはどうみている?

 

まずプログラムの有無の前にクライアントがあなたがどうみているのか想像してみましょう。

 

クラアントが制作会社以外、あなたは「WEB屋さん」です。
サーバーの運用からウェブ制作、デザイナーに関係ない仕事をひっくるめてお願いしてきます。
フリーランスになった当初は正気無理難題があなたのところに降りかかるでしょう。

 

専門性よりは幅広い知識が必要

 

フリーランスは小さなお店を経営しています。当然一人で対応しなくてはいけませんし幅広い知識が必要となります。
一方企業は分業で専門で対応できるスタッフがいます。一人がわからなくても、その企業の中で解決できる人がOKです。

 

小さなお店ですので、資金1000万でウェブサイトを作ってほしいという案件は早々ないです。
たまにスペシャリストはこういう案件をとってきたりしますが、その場合は一人ではなくその専門の人を協業してつくります。

 

話を戻すと、偏った知識(デザイン)ができるだけではクライアントは満足してくれません。
もしかしかするともう二度依頼してくれることはないかもしれません。

 

ではどうやってプログラミングを学べばいいのでしょうか?

 

プログラミングを身につける最短方法

 

答えは簡単です。「プログラムをひたすら書くこと」です。

 

デザイナーになったときを思い出しください。おそらくひたすらillustratorやphotoshopと睨めっこしたのではないでしょうか。
「習うなら慣れろ」という言葉がありますが、実際にプログラムを書くことが一番身に付きます。

 

ただやみくもにプログラムを書くのはモチベーションを維持することが難しいので何か目標やゴールを設定してみるといいです。

 

LPやコンテンツ規模が小さい案件がおススメ

 

デザイナーであれば、LPデザインの以前までにも作成していているかと思いますし、世間のニーズとしても非常に高いのでチャレンジしやすいです。
LPをおススメするのは「制作規模が小さい」「プログラミングスキルがそこまで求められない」ところにあります。
求められる知識としては「HTML」「CSS」「jquery」あたりが必須になるかと思います。

 

最近では検索すれば簡単に自分が求めている情報にたどり着きやすくなっていますし、プログラミング専門のQ&Aサイトはあります。
やり方がわからなかったらQ&Aサイトに投稿してみるのも良いと思います。

 

でもできなそうならプロに任せた方良い

 

制作規模が大きかったり自分のキャパシティが超える案件の場合はプログラミングが得意な人にお願いすることをおススメします。
僕はプログラマですのでデザインは得意ではないです。大規模なECサイトを制作するときはデザイナーさんにジョインしてもらって作業してもらっています。

 

けど意外にパートナーをみつけるのは難しいですよね。

 

パートナーをつくる方法

 

パートナー探しで一つ記事がつくれるくらい情報量があるので、ここでは簡単にまとめます。
僕が探して良かったと思うのは「知人の紹介」「クラウドソーシングを利用」が良かったです。

 

知人の紹介

 

「類は類を呼ぶ」ように同じような考え方をしている割と近くいる可能性が高いです。周りをみるとけっこう同じ業界の人がいたり、同じように
独立した人とかいたりします。もし周りにいないようであれば友人から紹介してもらうのも良いかと思います。

 

クラウドソーシングを利用する

 

ランサーズやクラウドワークスにはフリーランスの方が大勢います。見積もりを依頼すれば10社程度から選ぶことができますのでシビアに判断できます。
知人だったりすると遠慮して予算よりも高くなってしまうこともあるかもしれませんが、遠慮せずに交渉することができます。

 

注意点は

デザイナーと違い、プログラマーの良しあしを判断することが難しいところにあります。
理由としてはデザイナーのように作品をみて判断することができません。守秘義務などで作品を見せることができなかったり、作成したシステムをみても
デザイナーがそれがすごいかどうかを判断する基準がないことにあります。

 

すごいところはバックエンドのだったりするので見せることが難しいですね。

 

判断基準は制作会社の評価をみるといいです。過去実績からクライアントの評価をみることは客観的に判断できる指標となります。
4.0を下回っていると要注意かも

 

無理という勇気も必要

 

上記の二つを試してみても予算や条件があわず依頼できないケースもあります。その場合はできないといってしまうことも大切です。
できるとクライアントにいってできなかった方が信用は落としますし、誠実じゃありません。

 

自分が非力なことを痛感することも大切です。

出勤管理プラグイン AttendManager

WordPress専用プラグイン「attendmanager」を開発しました。ショートコードでどのページにも実装可能な出勤管理プラグインです。

柔軟性の高いデザイン設定、固定ページから、各キャストページでご利用いただけるよう設計されています

-サイト運営

Copyright© AttendThemes , 2020 All Rights Reserved.